寝太郎





製品名 寝太郎(ねたろう)
・小箱(100g×14袋) 
・大箱(小箱×10)  
製品説明 植物は大気中の炭酸ガスと水とを光エネルギーを使って葉で炭酸同化作用を行っています。
ところが大気中の炭酸ガス濃度は300ppm内外ですが、ハウス内では作物は早朝より吸収を始めるので午後4時頃には、100ppm以下まで下がり、作物はその時点で炭酸同化作用を休止します。
ハウス栽培で炭酸ガス施今や常識になっています。
一般に作物は、炭酸ガスを与えると高品質かつ大幅増収になるといわれていますが、これまでの炭酸ガス発生装置では莫大な経費を要していました。
ところが、この炭酸ガス発生剤寝太郎(ねたろう)は、10アール当り、100g入りの小袋をハウスに3〜4ケース(42〜56袋)吊り下げるだけで40〜50日間にわたって炭酸ガスを発生する無公害・安全で低コストの画期的な資材なのです。
寝太郎を使用すれば50日間寝ていても、眠りからさめれば、ハウスは大豊作!」
 @ 炭酸ガス(CO2)等が葉の気孔より吸収され、炭酸同化作用を促進し、健全な作物を作ります。
 A 花芽形成、着果、登熟促進、樹勢維持に大きな効果があり増収につながります。
 B 味、日もち、色つや、肥大に大きな効果をもたらし、野菜、花、果樹類をより高品質に作りあげます。
炭酸同化作用を促進させ作物を高品質にし、増収も期待できます。
使用方法 1.定植2〜3週間後、10アール(約300坪)当り、3ケース(42袋)を天井より吊り下げて使用して下さい。
  (果樹類は4ケース以上使用のこと。)
2.40〜50日で粉末がなくなりますので、その手前で新しい商品を側に吊り下げて下さい。
ご注意 1.炭酸ガスは、空気より重いので、作物より高い位置に吊り下げて下さい。
2.作物の真上、及び水のかかる場所には吊り下げないで下さい。(雫で葉が焼ける恐れがあります)
3.粉末が乾燥しすぎたら、スポイドで少し水分を添加して下さい。
4.気温が低く、反応が悪い場合には、穴の数をふやすか、加温機エアー吸入口付近に吊り下げる等の工夫をして下さい。
5.冷所保存(18度以下)のこと。20度以上の所に、保存すると袋が膨脹し変色する恐れがあります
  (但し粉末がある限りは効果に影響はありません。)
6.小児の手の届かない所に保存のこと。
  (目に入った場合、しみる場合があります。大量の水で洗眼して下さい。)
※ 夏期等、冷所にて長期保存の後ご使用時は、固くなっておりますので叩いてほぐし、ご使用ください。
  ほぐしても効果が出にくいと感じた場合は上部等に少し切れ目を開けスポイト等で水を加えてください。
※ 植物に直接中身の粉末や液体がかからないようご注意ください。
※ 人体に無害な材料を使用しております。ご安心してお使いください。

製品一覧へ
微生物農業普及所